カテゴリー別アーカイブ: 今日のルポポ

ぼくがまとめを作る理由

ただ純粋に、繋がりが作りたかった。

昨日で75回目の『みんなでシェア☆企画展』でした。
かれこれ5年6ヶ月続けています。

今までの企画展、全部まとめを作っていますので
75回分のまとめが出来ました。

Twitterは今の情報がすぐに受け取れて
リアルタイムで面白いツールだと思います。
その反面、情報が流れやすく保存されにくいという面もあります。

なのでタイムラインを見ているだけでは
見逃してしまう作品も出てくるのです。

せっかく作家さんが時間をかけて準備をしてくれたので、
全ての作品を見てもらいたかったのです。

*作家さん同士の繋がり

同じ企画展に参加してくれた作家さん同士
繋がってくれたら、これほど嬉しいことはありません。

twitter上や、イベントに出展したときや、委託先が一緒になったときに、

「あ、この作品見たことある♡」

そんな会話が生まれ
作家さん同士が繋がるきっかけになったらいいなって思います。

そうすると、ものづくりがどんどん楽しくなってくと思うのです。

一緒にイベントに出たり、
一緒に何か作ってみたり、

作家さんならではのお話をしたり、
貴重な情報交換が出来たり、
ものづくりの輪が楽しい方向へ広がっていったらいいなと思います。

*作品を好きになってくれた方との繋がり

作品を好きになってくれた方と
作家さんが繋がってくれることもとっても嬉しいのです。

自分が好きで作った作品が

誰かの好きな作品になる。

これほど嬉しいことはないです。

作家さんと、好きになってくれた人、
お互いにとってとっても嬉しい出会いになります。

1人のファンがいてくれることで
作家さんはとっても大きな力をもらえます。

繋がりを作ることで作家活動を応援していきたいのです。
それがギャラリーの役目だと思うからです。

(こんな感じでまとめています。)

最後にお願いです。

ぜひ、まとめをご紹介して頂けませんか?
ブログやSNSでのご紹介、リツイートだけでも構いません。

たった1つのご紹介で
参加してくれた1081人の作家さんの作家活動を応援することが出来ます。

あなたのワンアクションが
作品との出会いを作り、喜びを作り出していく事になります。

一緒に出会いを作っていきませんか?
宜しければあなたのお力を貸して頂けたら嬉しいです。

2018.4.25 店主

p.s  現在LUPOPOでは雑貨フェアを開催中です!

 

 

〜10周年を迎えて〜 LUPOPOからのお手紙

10年前の2008年4月16日
約半年間の準備期間を経て
*cafe&gallery LUPOPO*は正式にOPENしました。

当時26才だった僕は
ものづくりのことも、作家さんのことも、
カフェのこと、お店を営むということも、
何もかも分からない状態でお店をOPENしました。

たった1つ持っていたものは

「きっと大丈夫!」

その気持ちだけでした。

毎日お店に立つ中で経験して、必要なことを覚えていきました。

そうこうしているうちに、
自分の中に色んな欲が出てきました。

「もっといいお店にしたい。」

「作家さんの作品の魅力をもっと伝えてあげたい。」

そのときどきで、
情熱が湧いたことにチャレンジし続けてきました。

作品の魅力が伝わる写真を撮りたくて
試行錯誤してみたり、本を読んでみたり、カメラマンにコツを聞いてみたり、

作品の魅力が伝わる文章を書きたくて
文章の書き方の本を読んでみては、作品紹介の記事を書いていきました。

昨日のお店で感じたことを今日に活かして、

今日のお店で感じたことを明日に活かして。

そうやってお店を続けてきた10年間でした。

今まで作品を置いて頂いた作家さんは1000人を超えました。

色んな作家さんに出会い、色んな作品を見る機会をもらいました。

ずっと見てきて思えることは

「どんな作品だっていい。そのままで素晴らしい!」

作品の価値はお金では測れません。
お金以上の作品は沢山あります。

例え売れていても、売れていなくても、
そのモノ自体の価値は変わらないのです。

作家さんが好きなものを詰め込んで
作った作品の内側にはキラキラしたものが詰まっているのです。

その情熱に触れると、
じんわりとあたたかい気持ちなります。

好みは人それぞれ、
赤が好きな人もいれば、「青が好き」という人もいます。

どっちが正しいということではなく、

どっちも正しいのです。

誰もが同じものを「好き」ということもありません。
あなたの「好き」は、あなただけの特別なものです。

だから、
あなたの「好き」と思えることを大事にして欲しいのです。

子供のように、純粋に、
心がおもむくままに、好きなことを集めていけばいいと思うのです。

そうやって好きなものをギュッと詰め込んだ作品は

この世界に1つだけの個性を持って、キラキラと輝きます。

宇宙が始まる瞬間に、ビッグバンが起こったように
誰にも同じように、可能性は無限に広がっています。

自分の人生の主導権は誰にも渡さなくていいのです。
やりたくないやらず、

やりたいことをやることを、選択していいのです。

あなたのスタンスで自由に、
やりたいことをやっていってくださいね。

きっとそれが、
あなたが「あなただけの特別な感覚を持つ」意味なのではないかと思います。

今日も企画展に参加して頂き、本当にありがとうございました。

「今までやってきたこと」よりも

「これから何ができるのか」に目を向けて

幸せが生まれるお店を作っていきたいと思いますので
これからもよろしくお願い致します。

2018.4.24 店主 花井

p.s ステキな夜をお過ごしください☆

東京タワー

車を走らせていると

急にビルの合間からドドーンと出てくる東京タワー。

迫力があって、何回見ても嬉しくなります。

高校受験のとき、勉強に疲れて、気分転換に母にバイクに乗せて連れてきてもらった思い出や、

東京タワーの近くにお家があった、ジャズベーシストのボーヤ(アシスタント)をやっていたときの思い出が、ふと蘇ります。

どれだけ時が経っても

昔と変わらず、どっしりと構える凛々しい姿に、

「ぼくも地に足つけてどっしりとしていたい。」

そんな想いと供に、キュッと気が引き締まるのです。

2018.3.13 店主

p.s 今日は36回目の誕生日。毎日を楽しみながら過ごしていきたいと思います。

3月

「来週の卒業式に着けていきます!」

イヤリングをお買い上げ頂いた大学生の方から言われた一言に、はっと春を感じました。

3月は出会いと別れの季節。

小学校のとき、中学校のとき、

高校のときも、専門学校のときも、

卒業式の日は思い出深く、よく覚えています。

いつまでも思い出に残るような日を、

その大学生もこれから迎えるんだなぁ。って。

きっと環境が変わることに、

期待もあれば、不安もあって、

4年間を振り返ったり、これからやりたいことにワクワクしたり、色んな思いが交錯して、

ギュッと胸が締め付けられる日になるのかなって、ふと想像が膨らみました。

作品を渡す瞬間、

何かを伝えたかったのだけど、

うまく言葉が出て来ませんでした。

だから、この場で代わりに書いておきたいと思います。

「何よりも自分を1番大切にして

進んでいって下さいね。」

2018.3.12 店主

p.s 人がいつも素直でいられる、今よりももっと楽に生きれる社会を作っていきたいものです。

料理を作ること

「美味しかったです♡」

まぐろアボカド丼を食べてくれたお客さんに

今日は2回も続けて言われて、嬉しくて

キッチンでこっそりガッツポーズを取った店主花井です。

お料理を提供するものとしては

「美味しい」

と言われることはなにより嬉しいのです。

開店前の朝には、

食材の買い出しに行き

美味しそうな材料を選んで、

ひとつひとつ丁寧に仕込みをしておきます。

材料の切り方ひとつ、

盛り付け方ひとつで、

味が変わってしまうので

繊細な感覚で、丁寧に丁寧に、料理を作っています。

そうやって、

時間と手間を掛けて

愛情を込めたお料理を満足してもらえたときは

素直にとっても嬉しいのです。

きっと、作家さんにとっての、

心を込めた作品を

「かわいい♡」

と言ってもらえた瞬間と

同じ感覚なのかなぁ。なんて思います。

今日も幸せな瞬間をありがとうございました。

2018.3.10 店主

p.s 今日はステキなお話を頂きましたが、実現するか、まだ未定です。実現したらまたお知らせします。(願いが叶いますように。)