カテゴリー別アーカイブ: 店主より

〜10周年を迎えて〜 LUPOPOからのお手紙 

10年前の2008年4月16日
約半年間の準備期間を経て
*cafe&gallery LUPOPO*は正式にOPENしました。

当時26才だった僕は
ものづくりのことも、作家さんのことも、
カフェのこと、お店を営むということも、
何もかも分からない状態でお店をOPENしました。

たった1つ持っていたものは

「きっと大丈夫!」

その気持ちだけでした。

毎日お店に立つ中で体当たりで経験して、必要なことを覚えていきました。

そうこうしているうちに、
自分の中に色んな欲が出てきました。

「もっといいお店にしたい。」

「作家さんの作品の魅力をもっと伝えてあげたい。」

そのときどきで、
情熱が湧いたことにチャレンジし続けてきました。

作品の魅力が伝わる写真を撮りたくて
試行錯誤してみたり、本を読んでみたり、カメラマンにコツを聞いてみたり、

作品の魅力が伝わる文章を書きたくて
文章の書き方の本を読んでみては、作品紹介の記事を書いていきました。

昨日のお店で感じたことを今日に活かして、

今日のお店で感じたことを明日に活かして。

そうやってお店を続けてきた10年間でした。

今まで作品を置いて頂いた作家さんは1000人を超えました。

色んな作家さんに出会い、色んな作品を見る機会をもらいました。

ずっと見てきて思えることは

「どんな作品だっていい。そのままで素晴らしい!」

作品の価値はお金では測れません。
お金以上の作品は沢山あります。

例え売れていても、売れていなくても、
そのモノ自体の価値は変わらないのです。

作家さんが好きなものを詰め込んで
作った作品の内側にはキラキラしたものが詰まっているのです。

その情熱に触れると、
じんわりとあたたかい気持ちなります。

好みは人それぞれ、
赤が好きな人もいれば、「青が好き」という人もいます。

どっちが正しいということではなく、

どっちも正しいのです。

誰もが同じものを「好き」ということもありません。
あなたの「好き」は、あなただけの特別なものです。

だから、
あなたの「好き」と思えることを大事にして欲しいのです。

子供のように、純粋に、
心がおもむくままに、好きなことを集めていけばいいと思うのです。

そうやって好きなものをギュッと詰め込んだ作品は

この世界に1つだけの個性を持って、キラキラと輝きます。

宇宙が始まる瞬間に、ビッグバンが起こったように
誰にも同じように、可能性は無限に広がっています。

自分の人生の主導権は誰にも渡してはいけません。
やりたいことはやればいい、やりたくないことはやらなくていいのです。

あなたのスタンスで自由に、
やりたい時にやりたいことをやっていってくださいね。

きっとそれが、
あなたが「あなただけの特別な感覚を持つ」意味なのではないかと思います。

今日も企画展に参加して頂き、本当にありがとうございました。

「今までやってきたこと」よりも

「これから何ができるのか」に目を向けて

幸せが生まれるお店を作っていきたいと思いますので
これからもよろしくお願い致します。

2018.4.24 店主 花井

p.s ステキな夜をお過ごしください☆

72回目のありがとう*『みんなでシェア☆企画展vol.72』

10年目を迎える2018年になってから
何かに突き動かされるように変化を望んでいる気がします。

LUPOPO店主 花井です。

今日も大切な作品を見せてくれてありがとうございました。
中にはシェア企画展の為に、新作を準備してくれる方がいたり、
お写真を撮って文章を考えてツイートを準備して
短い受付時間の間に、(中にはお仕事の合間に)ポチッとツイートボタンを押してくれてありがとうございます。

ひとつとして同じ作品はなく、どの作品からもその人の個性が伝わって来ました。

「こんなものが出来るんだ」「これも面白い〜〜」「かわいいなぁ」なんて
自分の想像を越えて、作家さんの手から生まれてくる作品はいつも心をワクワクさせてくれます。
写真の撮り方や、文章の書き方も人それぞれで、面白く見させて頂いています。
作品を作る想像力や、アイディア、技術、情熱は本当に素晴らしく、いつも尊敬の眼差しで見ています。

ギャラリーのお仕事というのは単に作品を展示する場所ではなく
作家さんの立場に立って、作品との出会いを作り、活動をサポートしていくことだと思います。

上手に作品が出来たとき、
誰だって誰かに見てもらいたいと思うのです。

誰だって同じように認められたくて
自分が作ったものを好きになってくれることは、誰だって同じように嬉しいのです。
同じ想いを持つもの同士、認め合い、協力し合い、分かち合う社会になっていく気がします。

完璧なものは美しいのですが、未完成なものも美しいと思います。
そこには可能性を感じるからです。
自分の中の作品の出来が完璧でも、まだまだだなと思っていたとしても
沢山の人に作品を見せてあげてください。作品は人目に触れるとキラキラ輝いて喜んでくれます。

あなたはあなたのままでいいのです。
心が感じるままに、好きなときに、好きなことをして
好きなものを作っていっていいのです。

内側から溢れる情熱を素直に表現してあげてくださいね。
そこから生まれた作品を好きな人は絶対にどこかにいます。

その人との出会いが生まれように、出会いの場所、表現の場所として
これからも『みんなでシェア☆企画展』をご活用頂けたら嬉しいです。

好きなモノと出会い、好きなモノがある暮らしは
人生を豊かにしてくれます。

あなたの手から生まれる作品は
誰かの人生を豊かに変える力を秘めているのです。

だから、これからもあなたのペースで
あなたの好きなように、ものづくりを続けていってくださいね。

それは誰にでも作れるものではなくて、あなたにしか作れないものだから。

2018.1.23 店主

〜『みんなでシェア☆企画展vol.71』を終えて〜


2017年最後の企画展

『みんなでシェア☆企画展vo.71』
に参加して頂きありがとうございます*

LUPOPO店主 花井です。

今日も多くの作品との出会いがあり
楽しみながらポチっとRTをさせて頂きました*

同じ作品は一つとしてなく
作家さんそれぞれの個性が作品を通して表現されていて、

見るたびに驚いたり、ワクワクしたり、クスッと面白かったり、感動したり
作品を見せて頂けるおかげで幸せな気持ちになっています。

普段の生活がある中で時間を作り
技術や、想像力、想いを込めて
生まれた作品は本当に素晴らしいです。

何もなかったところに
自分の手で何かを作りだす

その「クリエイトする行為」自体がすごいことだと思います!

自分の中で想像することも出来なかった作品との出会いは

「あ〜、自由だな〜」とか

「世界は広いな〜」とか

「面白い人っていっぱいいるな〜」って

ワクワクしてきて、元気をもらっています。

ハンドメイドの世界と出会うまでは
外の世界(世間)は冷たくて厳しいものだと思っていました。

だからこそ、LUPOPOというお店の中だけは
優しくて、温かくて、来るとちょっといいことが起きる
そんなお店を目指しました。

でも、他のハンドメイドのお店だったり
作家さんと出会うたびに

「あ、優しいお店ってあるんだ」

「優しい人って世間にいっぱいいるんだ」

「外の世界にもちゃんとあたたかい世界があるんだ」って知れたことが

すごく嬉しい発見でした。

競い合うことよりも
認め合えることを大切にして

共感しながら分かち合い、お互いを助け合い、

喜びが人から人へと渡っていく

そんな世界がハンドメイドから
世界中に広がっていったらいいなと思います。

だって、楽しそうだし、幸せそうだから。

この世界は自由なのです。

あなたがあなたらしく
”好き”と思えることをする

そこから「喜びの循環」がはじまります。

誰にも遠慮しないでいいのです。

好きなことを 好きなときに 好きなだけやってください。

他の誰でもなく
まずは自分のことを喜ばせてあげてください。

その喜びが人へと伝わり、広がっていくのです。

もしも、見失いそうになったときは

ハンドメイドの世界では
これだけ多くの人が、自由に好きなモノを作っていることを
思い出してくれたら嬉しいです。

今年も一年、ありがとうございました。

来年も嬉しい出会いが生まれ
幸せな瞬間があなたのもとへ訪れるように

『みんなでシェア☆企画展』を楽しく続けていきたいと思いますので
これからもよろしくお願い致します。

LUPOPOは今年は25日までです。

ふっと力を抜きたいときは
お茶でも飲んでにのんびりお過ごしくださいね。

今日も遅くまでお付き合い頂きありがとうございました*
ステキな夜をお過ごしください♫

感謝を込めて。

2017.12.19 *cafe&gallery LUPOPO* 店主 花井

LUPOPOからのお手紙 〜70回目を迎えて〜

最近はお家に帰ると
小さなチョコレートを食べて元気をもらっています*

LUPOPO店主 花井です。

今日は企画展に参加して頂きありがとうございました。

皆さんに支えて頂いたおかげで
今回で70回目を迎えることが出来ました。

さかのぼること5年前
2012年11月6日 に第一回目の『みんなでシェア☆企画展』が始まりました。

「誰も参加してくれなかったらどうしよう?恥ずかしいな。。」

そんな想いを胸に
エイっと勇気を振り絞って、
ドキドキしながら呟いた最初のツイートのことを今でも覚えています。

5年間の間に企画展を通して
沢山の方に出会えたことが何より嬉しく、深く感謝しています。

LUPOPOというお店を通して、
そして企画展を通してやっていきたいことは

「喜びを作り出すこと」です。

お家にいたくないとき、ちょっとリフレッシュしたい時には
ゆったりとした時間の流れるcafeでのんびりとお茶の時間を過ごして頂き

かわいいモノとの出会いから
豊かな毎日を過ごして頂いたり

作品を沢山の方に見てもらうことで
作家さんのファンを増やし、喜びを作っていきたいのです。

これから先はいっぱいシェアして、分かちあっていきたいのです。

LUPOPOはぼくのお店ではなく
作家さん一人一人が自分のお店のように
感じてもらえるようなお店にしていきたいのです。

シェア企画展もLUPOPOの企画展ではなく
参加してくれる方の企画展になったら嬉しいです。

お店で働いてくれているスタッフにも
自分のお店のように思ってもらえたらいいなって思います。

誰かにとっての拠り所となる

「喜びが生まれる場所」を

みんなで一緒に作っていきたいのです。

僕は作家さんのように作品を作ることは出来ません。
なので作品を見るたびに「スゴイなぁ」と感心しています。

作品の後ろにある制作風景を想像すると
作家さんの技術や努力が見えてくるのです。

作家さんと関わり続ける中で
ものづくりの楽しさ、嬉しさも大変なところも
いっぱい感じてきました。

だからこそ少しでもサポートしていきたい。

あなたが作る作品を好きな人は絶対にいます。
その人と出会うかどうかなのです。

あなたの”好き”=それはあなたの個性です。

あなたが好きなもの、ワクワクする気持ちを
素直に作品に込めてあげてください*

これからも無理をせず
あなたのペースで、あなたの好きなように
楽しみながら自由にものづくりを続けていって下さいね。

あなたの作品は
手にとってくれた方に
ワクワクする幸せな時間を届けていることを
忘れないでいてくれたら嬉しいです^^

今日も遅くまでお付き合い頂きありがとうございました*
ステキな夜をお過ごし下さい♪

ひと休みしたい時はいつでもLUPOPOへおいで下さい.*

2017/11/21 *cafe&gallery LUPOPO* 店主 花井

LUPOPO店主からのお手紙

僕が25歳のとき
LUPOPOというお店が始まりました。

その当時の僕は
プロギタリストを目指していて
ジャズベーシストのボーヤ(アシスタント)をしながら
プロの現場を見ながらギターの勉強をしていました。

そんなとき
麻雀屋を営んでいた母が
「そろそろ何か新しいことをしたい!」ということで
当時の彼女と二人で
*cafe&gallery LUPOPO*を始めることになりました。

当時はTwitterもなく最初の作家さん募集はmixiでした。(懐かしい)

お店の経験なんて全くなかったのです。
(親は麻雀屋さんだったから自然とお店に対する馴染みはあったのかもしれません。)

「まあ、なんとかなるかな?」

とそんな気持ちでスタートを切りました。

そのときから
僕はLUPOPOと一緒に過ごすことになりました。

今月でちょうど9年半が経ちました。

同じ日など一日もなく

毎日が違う一日で

調子が良いときもあれば

そうでないときもあって

人が沢山きてくれる日があれば

「忘れられちゃったかな?」なんて思う寂しい日もあって

そんな日は走りに行ったり、友達に会いに行ったり

カフェに行ってノートを広げて
何が出来るかな〜?なんて考えてみたりしました。

今まで1000人以上の作家さんが作品を置いてくれて

沢山の人や作品に出会うことが出来ました。

出会いがあれば、旅立ちもあり

またどこかで会えたら良いなって思いながら、
出会いと別れを繰り返してきました。

今まで過ごしたどんな一日も「学び」になっています。

そしてこれからも

出会った人を大切にして

スタッフや作家さんやお客さん

みんなでLUPOPOをシェアしていきたいと思います。

 僕はLUPOPOというお店が好きです。

きっと好きだからこそ続けていられるし

大変なときはあるけれど、

好きだから楽しいのだと思います。

きっと作家活動を続けていれば
嬉しいときもあれば、大変なときもあると思うのです。

迷ったり、悩んだり、何をしたら良いのか分からなくなることもあるかと思います。

僕も同じようにあります。

そんなときは改めて「好き」に目を向けてみて下さい。

「好きなこと」「好きなもの」「好きな場所」「好きな瞬間」

自分がワクワクすることを思い出していると、
進みたい方向が見えてくることがあります。

あなたの「好き」はあなただけのものです。

今までの体験、そこから培ってきたものは

誰一人として同じではありません。

そこには世界に1つの「個性」があります。

そこには世界に1つの物語があります。

だから

あなただけにしかない「好き」という個性を

大切に大切にしてあげて下さいね。

素直でいいのです。ありのままでいいのです。

あなたの個性は外にあるではなく

あなたの中にもう持っているものです。

そしてその「好き」という個性から
とっても素敵なモノが生まれてくると思うのです。

だから
これからも何にも縛られることなく

あなたの「好き」を大切にして

自由に楽しくものづくりを続けて下さいね。

あなたの作品を見られることを
ワクワクしながらお待ちしております^^

今日も企画展に参加して頂き本当にありがとうございました*

感謝を込めて。

2017/10/23 *cafe&gallery LUPOPO* 店主 花井