10年お店を続けて分かってきたこと

今年の4月16日で丸10年を迎えるLUPOPO。

「新しく生まれ変わる」

LUPOPOがそんな意志を持っているかのように、色々な新陳代謝が起こっています。

10間年使ったお庭の花壇のリニューアル。10年間使ったオーブンレンジ、ミキサー、IHの買い替え。BGMの変更。

今後の予定では、メニュー看板のリニューアル、HP、ブログのリニューアルなどなど。

10年を節目にイチから作り直すような動きが出ています。

先日、たまにお手伝いをしに来てくれる母から

「LUPOPOを始めてよかったよね。」

と言われました。

お店を始めた当時26歳のぼくは、

ハンドメイドのことも、

作家さんのことも、

お客さんのことも、

カフェのことも、

インテリアや雑貨、

パソコンのことも、

お店をやるのに必要なことは何にも知らない状態でした。

ただ、何か1つだけ取り柄があったとすれば

「大丈夫!なんとかなる!」

そんな根拠のない自信から来る姿勢だけだったように思います。

(今になって思えば、麻雀屋さんを営んでいた母の姿を子供の頃から見てきたことが、お店をやることへのハードルを下げていたのだろうと思います。)

当然、毎日のように、LUPOPOからクリアするべき課題が出てきます。

【LUPOPOからの課題1】

「うーむ。どうしよう?」

「考える or 人に聞く or 調べる →実行」

【LUPOPOからの課題2】

「う…。どうしよう?」

「考える or 人に聞く or 調べる→実行」

….繰り返し。

そんな繰り返しを10年続けてきて分かったことは

「これをやればいい。」

という具体的な答えはないということ。

「とにかくチャレンジし続けること、変わり続けることが大事」ということ。

「未だに分からないことに囲まれている」

ということ。

そんな中で、

ぼくの1番シンプルで変わらないテーマは

「今の自分のベストを尽くすこと」

これだけです。

あとの結果は天に身を任せます。

結果がどうであろうと、

自分の中のベストが尽くせたなら

後悔をすることはありません。

自分の中のベストが尽くせたなら、

それ以上今のぼくに出来ることはないからです。

2018.2.19 店主

p.s この先のぼくには出来ることが、今までよりもっと増えているかもしれません。

Please share
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA