toggle
2018-09-25

祝☆80回目『みんなでシェア☆企画展』

遡ること6年前…
2012年11月 たった一言のツイートから
『みんなでシェア☆企画展』は始まりました。

そして今日、記念すべき80回目を迎えました。

参加してくれるあなたがいてくれるおかげで、
ここまで続けることが出来ました。

参加して頂きありがとうございます!

LUPOPO店主 花井です。

ぼく一人では、この企画展を開催することは出来ません。

作品を作ることも出来なければ、見てもらうことも出来ないのです。

参加してくれるあなたがいてくれるからこそ、開催できるのです。
つまり、あなたと一緒に作っている企画展が『みんなでシェア☆企画展』です。

貴重な作品とお時間をシェアしてくれていることに、心より感謝しております。

ー企画展を開催する理由

1番シンプルに言うなら

「ただ純粋に、好きだから」

僕は作家さんのことが好きで、作家さんが作る作品も好きです。

実は、LUPOPOをはじめた頃は
ものづくりのことは、何も分からなかったのです。

作家さんがどんな気持ちで作品を作っているのか、
どんなこだわりを持っているのか、
どんな技術が使われているのか、

当時は、作家さんが持つ繊細な世界を
感じ取ることは出来ませんでした。

作家さんと関わっていく中で、
作品を見続けていく中で、
ものづくりの魅力を作家さんたちに教えてもらいました。

新しい世界への扉を開けてもらった感覚です。

同じ作品は1つもなく、
作家さんはみんな想像力豊かで、
それぞれに素晴らしい世界を持っていて、

生み出すこと、作り出すことの大切さと
無限の可能性を教えてくれました。

「自分が作れないものを作る人ってカッコイイ。」

「自分が持っていない技術、アイディアを持っている人ってスゴイな」って、思います。

(最近はつくづく、みんな凄いなぁって思うことばかりです。)

まだまだ学んでいる最中ですが、
お店を始めたときよりも、作家さんのこと、作品のこと、
ものづくりのことが大好きになりました。

自分の周りにいてくれる人には
悲しい顔をしているよりも、笑顔でいてほしいと思うのです。

作家さんが想い込めて作った作品を
多くの人に見てもらうこと、誰かに届くきっかけを作ることで、
作家さんが笑顔になってくれたら、ぼくはとても嬉しいのです。

「ものづくりは人を幸せにする」

と、ぼくは信じています。

LUPOPOで作品を見ているときのお客さんたちは、
まるで子供のように、
ワクワクしたお顔をしています。

「かわいい♡」と思わず声に出てしまったり

「見て見て〜♡」なんて
お友達と一緒に、楽しそうに自分好みの作品を探したり、

お買い上げ頂いた作品の、作者さんがその場に居合わせたときは
必ずご紹介させて頂いています。

その瞬間、みんな笑顔で幸せな空間が広がります。

だから、覚えておいて欲しいのです。

あなたが想いを込めた作品から「幸せな瞬間」が生まれていることを。

それはお金では測ることの出来ない「特別な瞬間」です。

あなたはもうすでに輝くものを持っています。

だから、いっぱい表現していってください。

あなたがあなたを表現すること、
それ自体が素晴らしいことなのです。

誰にも遠慮することはないのです。

例え、上司に、同僚に、家族に、友達に、
何を言われたとしても、最終的に何を選択するかは
あなたが決めることが出来ます。

Yesも、NOも、それ以外の答えも
あなたが自由に選ぶことが出来るのです。

答えは外側にあるのではなく、
常にあなたの中に答えがあります。

いつもあなたが幸せでいることを
心より願っています。

悲しい気持ちの人がいれば、
悲しい気持ちになるのと同じように、

あなたが幸せでいることは
あなたの周りにいる人にとっても、幸せなことなのです。

あなたが素直に”好き”と思うことを大切にして
自由に毎日を過ごしていってくださいね。

感謝を込めて。

2018.9.25 *cafe&gallery LUPOPO* 店主 花井

Please share
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
関連記事
Top