toggle
2019-11-26

LUPOPOからのお手紙 〜みんなでシェア☆企画展7周年を迎えて〜

季節は流れ2019年も残すところ1ヶ月ちょっととなりました。

「もう1ヶ月しかない」と思うより、
「まだ1ヶ月もある」と思える心でありたい。と思うこの頃です。

LUPOPO 店主 花井です。

遡ること7年前、
2012年11.6にたった一言のツイートから
『みんなでシェア☆企画展』が始まりました。

今日は少しだけ、
企画展を通して経験してきたことをシェアしたいと思います。

(記念すべきはじまりのツイート)
↓↓↓

このときのぼくは、
LUPOPOを任せて1年間、世界へ1人旅に出ていました。
そしてその旅の途中で身体を壊し、実家で静養しているところでした。

サッカー部だったこともあり、体力があり、身体を壊したことなんてなかったのですが、
このとき初めて、思うように身体が動かない経験をしました。

動けばすぐに疲れてしまい、何もすることが出来ない状態だったので、
LUPOPOのこと、自分のことに向き合う時間となりました。

今思えば、この経験が無ければ『みんなでシェア☆企画展』が生まれることも無かったので、
とても貴重な経験をしたと思います。

LUPOPOに来てくれる作家さんの気持ちや、
作品を置いてくれたときの気持ち、作品が売れたときの気持ち。

お茶をしてくれるお客さんの気持ち、作品を買いに来てくれたお客さんの気持ち。

その方たちと自分の何が繋がっているのか。
自分が想像出来る限りのことを、書き出してみました。

その時に改めて見つけた
「作品を見て欲しい!」という作家さんの熱い気持ち。

その気持ちに答えたくて、『みんなでシェア☆企画展』を始めることになりました。

最初のはじまりのツイートをする時、
本当にドキドキしたのを今も覚えています。

「誰も反応してくれなかったらどうしよう。。。恥ずかしい。」

「・・・でも、やりたい!」

ありったけの勇気を振り絞って、ツイートボタンを押しました。

するとありがたいことに、
最初の2日間で110名の作家さんに参加して頂くことが出来ました。

本当に嬉しかったのです。

何が嬉しかったかというと、
これだけ多くの反応が返って来たこと、

そして何より、
これまでの人生の中で
こんなに多くの方から沢山の”ありがとう”を言われた日はなかったのです。

この時の感動と、この時言われた”ありがとう”が、
ずっとずっと、今も心に残り、企画展を続ける原動力になっています。

そしてありがたい事に回を重ねる度に、
企画展に参加をしてくれる方が増えていきました。

初めてからしばらくの間は、
「作家さんと向き合いたい。」という想いから
全ての方にお礼のメッセージを返していました。

(その時は全て1人でやっていたので、パソコンを広げてぽちっとRTをして、
iphoneを片手にメッセージを送っていました。気付くと目が真っ赤になっていたこともありました^^;)

Twitterの仕様が変わる度に、
(例えば 以前は写真は1枚のみ、写真を入れると文字数が減るなど)
参加をしてくれる方が増える度に、
少しずつ『みんなでシェア☆企画展』の形も変わっていきました。

今では1人1投稿ですが、
はじめた頃は何枚でも、何度でも、1日中投稿OKでした。

参加者は100人から→1200人まで増え、

受付投稿数は少しずつ減り、受付時間は少しずつ狭まり、
今の形:1人1投稿 10:55〜12:55 1日平均1100人 という形に落ち着きました。

はじめたときは
こんなに多くの方が参加してくれる事を、想像出来たはずがありません。

今、振り返っていても
「良くこんなに続けることが出来たな」と自分でも驚く位です。

どうやって続けて来たかというと、

目の前のことに集中して、
とにかく次の企画展を無事に開催することだけを目指した。という感じです。

・まずはやってみる。

・問題の壁が出てきたら、対策を考えて乗り越える。

・それでもダメなら更に調整をしていく。

それをひたすら繰り返してきました。

より快適に参加してもらえるように。
参加してくれる全ての方と、楽しい一日をシェア出来るように。

この企画展は、
作家さんがそれぞれの生活がある中で、
貴重な時間を使って、作品の写真を撮って、文章を考えてツイートをしてくれる。

そうやって呟いてくれるツイートがあるからこそ、成り立っています。

大切な作品を見せて頂き、
そして、一緒に作品を見て頂き、本当にありがとうございます。
参加してくれる全ての方に、心より感謝しております。

『どなたでも、どこからでも、無料で、参加できる。』

自由であり、開かれた場所であること。

そして、ものづくりの楽しさや、喜びをみんなでシェア出来ること。

作品をきっかけに、人と人が繋がり、幸せが循環していくこと。

好きな作品に出会う喜び、作品を見てもらう喜び、ファンに出会う喜び。

それをお金をかけることなく、誰でも簡単に出来ること。

これが『みんなでシェア☆企画展』の好きなところです。
これからもこの場所をみなさんとシェアし続けていきたいと思います。

ぼくはドキドキしながらも踏み出した、あの最初の一歩を、
今も踏み出して本当に良かったと思います。

だから、もし、あなたにも
やりたいけど踏み出せていない一歩があるなら、

ぜひ、エイっ!と勇気を持って踏み出してみて下さい。

絶対、後悔しません。

後悔するのは、やらなかったときだけです。

たとえ、失敗したとしても、いいのです。

赤ちゃんははじめからは歩けませんが、
何度も何度もチャレンジしては失敗して、
何度も何度も立ち上がって、やっと歩けるようになります。

あなたもそうやって、チャレンジと失敗を重ねて歩けるようになったのです。

「失敗はして当然。何度でも立ち上がればいい。」

そこをスタート地点にしましょう!
そしたらいつか、絶対に出来るようになります。

だから、
あなたの心の声に耳を傾けて
あなたの好きな事を、好きな時に、好きなだけして下さいね。

あなたがワクワクしていれば、
それを見た人もワクワクしてきます。

誰に縛られることなく、自分で自分を縛ることなく、

自由に楽しく、好きな事をして生きて生きましょう!

ほっと一息つきたい時は
三軒茶屋まで遊びにおいで下さい。

美味しいご飯と、愛を込めた作品たちが、あなたを迎えてくれます。
今日も遅くまでお付き合い頂きありがとうございました。

感謝と愛を込めて。

2019.11.26 cafe&gallery LUPOPO 店主 花井

p.s ぼく個人のツイッターをはじめました。
LUPOPOでの11年間の経験を生かして、より楽しくより快適な作家活動が出来るように、
作家活動のコツをなるべく分かりやすく、呟いていきたいと思います。

フォローはお返しますので、良かったらお気軽にフォローして下さい♪

@Lupopo_hanai

Please share
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
関連記事