2020-05-19

【目標達成】『店主の日記』をはじめて1週間が経って感じたこと。

5月13日から日記を書きはじめたので、今日で7回目の投稿です。

ひとまず3日、そして1週間、という目標を立てて、

なんとか1週間を迎えることが出来ました!

パチパチパチパチ〜!!(たまには、自分にも拍手をしてみます^^)

書きたいことがスッと出てくるときもあるのですが、

7日目の今日にして、思うように言葉が出てこなかったので、

「言葉が出て来ない」ということを書いて、日記をはじめたいと思います。

こんにちは*

LUPOPO店主 花井です。

先日書いた作品の値段についての記事。

【作家活動のコツ】ハンドメイドの作品の値段はいくらにすればいいの?

沢山の方にお読み頂き、ありがとうございました。

好評だったようでとても嬉しいです。

作家活動のコツについてはまた書いていきたいと思います。

(基本的なスタンスとしては、「とにかく続ける」という事を大切にしたいので、

なんでも自由に書いていこうと思います。)

お店を12年間続けてきて思うことは、

どんな商売も、基本は同じ仕組みで成り立っていると思います。

服を売ったり、ご飯を売ったり、取り扱うものは違えど、

根本的なものは同じだったりするのです。

それは作家活動にも当てはまります。

やっていることは違えど、

商売の本質、物事の本質は、変わらないのです。

なので、ぼくはお店と作家活動は良く似ているなぁと、つくづく思います。

自分で作って、自分で宣伝して、自分で販売する。

LUPOPOの場合は

料理を作って、お知らせして、食べて頂く。(など)

作家さんの場合は、

作品を作って、お知らせをして、作品を買ってもらう。

(お洋服屋さん、映画とかもそうですね。)

作って、お知らせして、販売する。

物販やお料理屋さんの仕組みは、同じになっていることが分かると思います。

この、どうやって作って、どうやってお知らせして、どうやって売っていくか?

という部分をひとうずつ考えていけば、作家活動もうまくやっていくことが出来ます。

(またの別の記事でひとつずつ解説していきますね。)

ぼくも最初は何も分からずにお店をはじめて、

何かが必要な状況がやってきて、その何かを探って見つけて、実行する。

それを繰り返してきました。

うまくいったこともあれば、うまくいかなかったこともあります。

「これをやればいい。」という正解はありません。

『とにかくやってみること。』

チャレンジを繰り返すことでのみ、正解に近づくことが出来るのです。

失敗したときは、これをやってもうまくいかないんだな。という経験と知識が手に入ります。

それはチャレンジをして、失敗することでのみ、手に入る、『生きた知識』です。

作家活動に限らず、商売をする上で大切なことは、

『とにかくやってみること』だと思います。

思いついたこと、やってみたいこと、こうしたらいいと思うこと、

それが頭の中にあるならば、

ぜひやってみると良いと思います。

やるべきことが見えているときは、とにかくやってみればいいのです。

やるべきことが、見えなくなったときこそ、振り絞って考えるべきときです。

なのでどんどんチャレンジしていくこと。

チャレンジする勇気を持つことが、よりワクワクする方向へ導いてくれます。

失敗なんて気にする必要はありません。

失敗の数はチャレンジの数です。失敗したら褒めてあげましょう!

おめでとうでもいいですね^^(先日のプーさんを見習って)

今日も明日も勇気を持って、

トライ & エラー を繰り返しましょう。

今日も最後までお読み頂きありがとうございました。

それではまた明日、お会いしましょう!

(次の目標は9回目の日記を迎えることとします。)

2020.5.19 花井

p.s 個人アカウント始めました!
フォローお返ししますのでお気軽にフォローして下さいね♪

write by 店主 花井→@Lupopo_hanai

Please share
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
関連記事