toggle
2019-11-18

〜るぽぽのほん。のページ数〜

るぽぽのほん。

▲るぽぽのほん。vol.0ができた時の話。(by 店主さん)

 

上の記事に書かれているように、

るぽぽのほん。は、「まずは小冊子をつくってみよう!」「とにかくまずカタチにしてみよう!」という精神で始まったので。

最初はたった10ページ!

の薄めの本(A5サイズ)でした。

 

10ページというと、、、

(表紙を除けば)A4サイズを2つ折りにした紙が、たったの5枚!

 

これ以上ページが少ないと「本」っぽく見えないのでは……?(・∀・;)

というギリギリの薄さでございました。

 

 

そんなるぽぽのほん。ですが、vol.4からはなんと4ページ増えて、14ページに!

vol.4の制作時から、デザイナーのみゆきさんが加わってくれたことが大きな転換点でした。

 

〜るぽぽのほん。のつくりかた②〜

▲ほん。づくりの役割分担のおはなし。

 

ほんのメインコーナーである、作家さんインタビューのページデザインをみゆきさんに全面的におまかせできたことで、私が他のページの制作に専念できるようになったのです。(ありがたや。。。)

 

そして余裕ができると、やりたいことが自然と増えるもので。

 

このあたりから、

 

・食べ物を紹介するコーナー、おいしいるぽぽ。ががっつり2ページ取れるようになりました

←LUPOPOのコーヒーについてvol.2でご紹介したのがこの企画の起こりでした。でも当時はまだレギュラーコーナーではなかったのでコーナー名がなく、ページも1ページのみでした。

 

・LUPOPO作家・フラモコ屋さんのLUPOPOにまつわるコラムが登場しました

 

・作品紹介のページができました

←毎号テーマを変えて、LUPOPOに委託されている作品を5~6点ご紹介できるようになりました。

 

・巻末に、全国の配布協力店さまのリストを掲載するようになりました

 

などなど、単にページ数が増えただけでなく、より本っぽくなるような進化を遂げました!

めでたしめでたし*

 

この先またページ数が少しずつ増えていって、

いつか本当に「ズシーン」と厚みのある本になるかも、なんて…

 

ちょっと楽しく妄想したりしている今日このごろです。

 

でも作る方は大変そう(;´▽`)!

 

書いたひと:編集長 sugarcacao

Please share
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
関連記事