toggle

about

LUPOPOが出来るまで

〜ものづくりのワクワクを伝えたい〜

生まれも育ちも三軒茶屋。
母がこの場所で30年間お店を営んでいました。

そんなとき
「そろそろ何か違うことをしたいね」という話になりました。
お店の大家さんからレンタルボックスの存在を教えてもらい、
当時は数少かったレンタルボックス屋さんを見にいきました。

「これいいね!」とピンと来て、
好きだったカフェと一緒にレンタルボックスをやろうということになりました。

ーハンドメイドの作品を販売するお店

お店のデザインも手作りにこだわりました。
椅子やテーブル、貸出ししているBOX、棚など
自分たちで作れるものは、自分たちで作りました。
床材や照明、ドアなどもイメージに合うものを全国に探しに行き、
店舗のデザインは自分たちで設計しました。

「居心地の良い空間」
「気持ちの良い空間」を作りたかったので
壁には湿度を調整してくれる珪藻土を使い、
その下地にはマイナスイオンの出る石を砕いて塗り込みました。

空間に丸みを出すために、
ボックスや棚の角は削り、お店全体の雰囲気作りを大切にしました。

カフェで使う食器も手作りにこだわりました。
陶器市に行って器を探し、職人さんにお願いし、ひとつひとつ作ってもらいました。

「いつ食べても美味しい!」と
幸せな気持ちになれるご飯を食べてもらいたかったのです。

愛情をこだわりを込めて料理を作れる様に
メニューの数は増やさず、
メインのお食事は3品に厳選しました。

ケーキも手作りのものを提供したかったので、
OPENまでにケーキの先生に習いにいきました。

約半年間の準備期間を経て
2008年4月16日 *cafe&gallery LUPOPO* はOPENしました。

ーcafeについて

「かわいさにほっと癒される」

ハンドメイドの可愛い作品に囲まれて
心ゆくまでゆっくりとお茶の時間を楽しめる。

「いくらでもいてもいいんだよ」

そんな優しい空間作りをしています。

ー作家さんについて

ものづくりで生活している方、主婦の方、学生の方、
それぞれのスタンスでものづくりをしてもらいたいと思っています。

いつも作家さんと同じ目線に立ち、応援していきたい。
作品のこだわり、作品の後ろにある物語を伝え、
作家さんのファンになってくれる方との出会いを作っていきたいのです。

作家さん同士が繋がるように
月に一度、交流会や企画展を開催しています。

ー作品について

「わあ♡かわいい」

そんな風に
見てくれた人に喜びが生まれる作品、
作家さんの個性が光る作品を展示販売しています。

現在は審査を通過した80名の作家さんに出展をお待ち頂いている状態です。(約一年待ち)

ーこれからのこと

「 幸せが生まれるお店 」であり続けたいです。

かわいいものに癒される。
人やモノとの嬉しい出会いがある。
ここに来るとちょっと元気が出る。

作品を置いてくれる作家さん、
LUPOPOに来てくれるお客さん
働いてくれているスタッフとの間に、
喜びが生まれ、循環するお店を作っていきたいです。

ーLUPOPO STAFF

-shop staff

ほのか

えりか

すずか


さきさん

-blog writer

まみこ

-SNS

studio yoo

LUPOPO店主

花井

cafe&gallery *LUPOPO*

Open 11:30-19:30
Close tue wed

map→

1-35-20 Sangenjaya
Setagaya-ku Tokyo Japan
〒154-0024

HP
http://lupopo.net

Twitter
@Lupopocafe

Instagram
lupopo_cafe

Facebook
lupopocafe

Top