toggle
2019-08-31

【個展】『コビトと作家の旅する雑貨店』in Lupopo むにえるさん 2019.9.5-9.9

「小さいものが好きな方にはたまらない♡」

コビトの世界からかわいい雑貨屋さんがやって来ます!!

『コビトと作家の旅する雑貨店』in Lupopo

日時:9月5日~9日

作家名:むにえる @munieru_muni

ーどうして個展を開催しようと思いましたか?

Lupopoを知ったのは毎月の企画展でした。展示会もできることを知って。

ー展示のテーマは?

「実際に小人が使っているような作品」と
その世界観に沿った実用品という2つのテーマを掲げて制作をしています。

今回の展示ではその2つが上手く調和しているような世界観、テーマで展示できればと思っています。

ーどうしてこのテーマに?

他のイベントでも、作品を見てまず思うのが「小人の靴屋」だとよく言われます。

童話の中では小人と靴屋が一緒に物を作ることはありませんが、
もしそうだったらとっても素敵だな、とずっと思っていて。

それを感じてもらえればと思って今回のテーマにしました。

ーどんな作品を展示しますか?

40mmのミニチュアブーツや、
15mmの豆ブーツをキーホルダーや、ピアス、イヤリングにしています。

ドール用の靴も何足かご用意しています。

またよく手に馴染むお財布やカードケース、キーケースなどもお持ちします、

ーどんなところを見てもらいたいですか?

ブーツの可愛さ、ステッチの細かさを是非見ていただきたいです。

また染め上げた革の色合いや、靴先の丸みの違いなど、同じように見えて、
それぞれで違う表情を是非見つけて欲しいと思います。

ーこだわっているところは?

40mmのミニチュアブーツは「ミニチュア・ウェルト製法」という製法で作っており、
手間はかかりますがこの製法によって制作することによって、つま先が丸み帯びた可愛い仕上がります。

ステッチの数も多く、リアルだけど可愛い、そんなバランスを意識して製作しています。

ー見ている人にメッセージを

小人が実際に使っているような場面を想像してもらえると。
1つ1つの金具もステッチも、小人が作っているんだなぁ、と想像しながら作品を楽しんでもらえると嬉しいです。

むにえる
Twitter
@munieru_muni
■HP
ハンドメイド作家
むにえるファクトリー
出身地
青森県弘前市です。
血液型
O型
好きな色
オレンジ
好きな食べ物(飲み物)
プリン、クッキー、アップルパイ
好きなこと or 趣味(ものづくり以外で)
公園を散歩、お菓子作り
好きな場所
公園
好きな作家さん
ron ronさん!

ものづくりをはじめたきっかけは?
専門学校の授業の一環でレザークラフトを始めました。
作品へのこだわり、見てもらいたいところは?
小ささと可愛さを是非見てください!
好きな作業工程は?
全部です。どれか1つが欠けてもいい作品にはならないと思っています。
経歴
仙台のデザイン専門学校を卒業後、東京にて作家活動を開始。

デザインフェスタ等の関東のイベントをはじめ、東北、中部、関西のイベントにも出展。
現在は拠点を地元、青森県に移し活動中。

小さな作品へ込めた大きな愛情を感じに

LUPOPOへおいでください♪

write by 店主

Please share
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
関連記事