toggle
2018-02-15

コーヒーのお話 その1

「今まで何杯入れたかな?」

ふとそんなことを考えるときがあります。

豆を挽いてコーヒーにお湯をゆっくり注ぐ。。

単純な作業ですが、これが奥が深くて淹れ方によって全く味が変わってきます。

「こだわりのコーヒー』とは言うものの、今まで

「どこにこだわっているのか?」をお伝えしていなかったので
何回かに分けて書いていきたいと思います。

ぼくが初めて
「このコーヒーを飲んでみたい」と思ったのは

その昔ぼくが、ある大御所ジャズベーシストのボーヤ(付き人)をやっていた頃、
その日のライブ会場だった喫茶店のコーヒーでした。

機材のセッティングが終わり、カウンターに座っていたら
店主のおばあちゃんがコーヒーを出してくれました。

ガラガラガラガラ〜。っと
すぐ近くで挽いてくれたコーヒー豆の香りがたまらなくいい香りで、

「うわぁ。美味しそう!飲んでみたい」

それまでコーヒーを好きだと思ったことはなかったのですが、
おばあちゃんが淹れてくれたこの一杯は、今でも鮮明に思い出せる一杯になりました。

あなたにとって思い出に残る一杯はありますか?

つづく。。

2018.2.15 店主

p.s たまにコーヒー豆の香りを店内に充満させたくて、挽きたてのコーヒー豆をシャカシャカ振りながら店内をうろうろしたりしているのは。。。秘密です。

Please share
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top