2020-01-27

魔法のジャージャー麺

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ぼくがまだ小学生だったとき、

土曜日のお昼ご飯に、母がよく作ってくれたジャージャー麺。

美味しくて、美味しくて、

食べ終わりたくないから、ゆっくり食べたい気持ちと、

いっぱい口に頬張りたい気持ちが、見事に絡み合っていました。

大好きだった母親の味。

どうしても食べてもらいたくて、

あの時の、あの味を、そのままメニューにしました。

温かい思い出がギュッと詰まった魔法のジャージャー麺。

あなたが過ごすLUPOPOでのひとときが、

今度は”あなたの温かい思い出”となりますように。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『魔法のジャージャー麺』お客様からのお声

Please share
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
関連記事