2020-08-20

【作家活動のコツ31】「椅子に座ることが出来ない!」と思ってしまえば椅子にさえ座れないというお話。

全てはシャワーが解決してくれる。

(ぼくにとってシャワーはその位心強い味方です^^)

LUPOPO 店主 花井です。

今日は大切なマインドのお話です。

出来ないと思ってしまえば、どんな簡単なことでも出来ない。

ここで、あなたに質問です。

「椅子に座れない。」と思った事はありますか?

・・・

・・・

・・・

きっと(なかなかの事がない限り)

座る事が出来ない、と思った事はないと思います。

なぜなら、あなたは1日のうちに何回も椅子に座るからです。

これを無意識から意識に上げると、

あなたはすでに、

『椅子に座る事が出来る事を知っている。』という事なのです。

だから、無意識のうちに座る事が出来るのです。

「椅子に座ることなんて誰でも出来るでしょう?簡単だもん」

と思う方も多いかと思います。

それでは今度は逆に、

『私は椅子に座る事が絶対に出来ない。』と、

強烈に思ってしまったらどうでしょうか?

まるで椅子からトゲが生えてて、座ったら痛過ぎて座れない。

そんな風に思えてしまうかもしれません。

きっとお尻を付けるその瞬間にとんでもない事が起こる気がして、

椅子に座る事が出来ません。

つまり、

『出来ない』と思った瞬間に座れなくなってしまいます。

イメージのパワーはすごいです。

どんなに簡単な事だとしても、

『出来ない』とイメージした瞬間に出来なくなってしまう。

でも逆も同じです。

『出来る』イメージさえしてしまえば、出来てしまう。

そう!

『本当は椅子に座れ事を知っている』あなたのように。

イメージは現実化する。

自分でも気付かないうちに、出来ないと思い込んでしまっている事。

それを、マインドブロックと言います。

はじめから出来ないと思ってしまえば、座ることさえ出来ないように、何も出来ません。

いつの間にか出来ないと思っている事はありませんか?

イメージはどこまでも自由です。

お姫さまにだってなれるし、

野獣にだってなれます。

魔法だって使えれば、宇宙に行く事も出来ます。

どんな世界を作る事だって出来ます。

あなたが作品を作る時、

自由にイメージし、それが現実化するように。

椅子に座るとイメージした事が、その次の瞬間に叶うように。

マインドブロックを外し、

あなたの可能性の鍵を開ける。

そして、

『出来る』と思えば『出来る』のです。

まとめ。

『出来ること』も『出来ないこと』も同じように現実化すること。

イメージはどんな世界も作りあげる事が出来ること。

をぜひ覚えておいてください。

はじめから出来ないなんて思わずに、

まずはマインドブロックを外し、制限のない、

自由な真っ白のキャンバスにして、

思い切り好きな絵を自由に描いてみてはいかがでしょうか?

最後までお読み頂きありがとうございます。

あなたがそこにいてくれることに、

いつも感謝しております。

2020.8.20

p.s 作家活動コンサルタントはじめました!

「1人で悩むのではなく、あなたの悩みをぼくに聞かせて、一緒に解決しませんか?」

作家活動コンサルタント依頼はコチラ

作家活動のコツまとめ一覧はコチラ

 

write by 店主 花井→@Lupopo_hanai

【作家活動のコツ30】続・もしも、あなたに1万人のコアなファンがいてしまったら。。その2

Please share
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事