2020-05-27

【100回記念のDMのお話】〜恥ずかしさを乗り越えて〜

テク テク テクと。

近所の川沿いへお散歩に出掛けるのが楽しみです。

(最近はボールを持っていくのが、個人的な流行りです)

LUPOPO 店主 花井です。

ぼくは子供の頃から、ぼくは恥ずかしがり屋でした。

幼稚園の時、入園してだいぶ時間が経ったとき、幼稚園で兄と小競り合いをしたことがありました。

母はその時、先生に「はじめて声を聞いた。」と言われたそうです。

友達も仲の良い友達1人としか遊ばない子でした。

(今は、おかげさまで昔より人見知りも少なくなってきました。)

最近は、LUPOPOスタッフがみんな顔出しOKだったので、

それに勇気をもらい、ちょこちょこと顔を出すようになりました。

月に一度、Twitter上の企画展を開催している、

『みんなでシェア☆企画展』が記念すべき100回目を迎えるにあたり、

LUPOPOがOPENをした時から作品を置いて頂いている、

素材屋405番地 Mikiyuさん @sozaiya405(ウゲロくま作家さん)にDMをお願いしました。

出来上がってきたイラストには、LUPOPOへの愛情をたっぷりと詰め込んで頂き、

心温まる素晴らしいDMを描いてくれました。

(Mikiyuさん、本当にありがとうございました!)

でも、ウゲルポポ君と一緒にぼくのお顔がドーンときていたので、

嬉しさと、ありがたさと一緒に、恥ずかしさも沸き起こってきました。

でも、もうこれは、

「恥ずかしがっていないで、表に出ていきなさい!」というお告げかなと思い、

”変化をしていこう”と心に決めました。

ということでこれからは、

(なるべく)恥ずかしがらないように。

(なるべく)躊躇なくドシドシ表に出ていくことを心に誓います。

この12年間、MikiyuさんのLUPOPO愛が、

どれだけぼくと、LUPOPOを支えてくれたかのお話は、またの機会に。
2020 5.27 店主 花井智彦

p.s 個人アカウント始めました!

フォローお返ししますのでお気軽にフォローして下さいね♪

write by 店主 花井→@Lupopo_hanai

Please share
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
関連記事