2020-07-30

コップに水が半分入っていたときにどう感じるか?はその時の自分の状態によると気付いたお話。

今日は週に1度の絵画教室に行ったあと、

ぐっすりと良く寝ました。

眠りを欲していたのか、

それとも昨日飲んだウコンが効いているのか。

それとも両方なのか。

自分への”謎”は深まるばかりです。

LUPOPO 店主 花井です。

コップに水が半分入っていたときのお話。

よく耳にするお話です。

コップに水が半分入っていたときに、

半分しかないと思うか。

半分もあると思えるのか。

もちろん、

いつも今の状況に感謝して、

”半分もある”と満足で出来る自分でありたい。

と思っていたのですが、

「ちょっと待って、、その前に、これはその人の状態による」

と気付いたのでシェアさせて下さい。

自分がカラカラだった場合。

喉が渇いてしょうがないとき。

運動したあとや、いっぱい寝たあとなど、

まるで自分の体が砂漠のようにカラカラになってしまったときに、

コップ半分の水を見たら、

「むむ。。半分しかない〜!」

と思ってしまいます。

とにかくカラカラなので、

今すぐにでも、いっぱい水を飲みたいのです。

自分がうるうるだった場合。

お水を沢山飲んだあと、

まるで自分がキレイで透明な水滴の中にいるような、満たされている状態のとき、

コップ半分の水を見たら、

「あと半分も入ってる〜。」

と思えます。

おなかいっぱいなので、コップ半分の水で十分ですよね。

この状態なら、カラカラな人に分け与えてあげることも出来ます。

つまり、

コップに水が半分入っていたときにどう感じるかは、

その時の自分の状態による。

ということです。

このお話から分かる大切なこと。

いつも自分のことをちゃんと満たしてあげること。

それがいかに大切か?ということがこのお話から分かります。

心優しい人ほど、

自分のことを後回しにして、

人のために何かをしようとしてしまいます。

それはもちろん素晴らしいことです。

でも、今日のお話でも分かるように、

自分が砂漠のようにカラカラの状態で、

人に水を分け与えてしまっては、体に無理がきてしまうのです。

今度は自分の為に、誰かが水を分け与えてくれなければいけません。

ですが、

いつも自分を優先して、

ちゃんと満たしてあげることが出来たなら、

人に水を分け与えてあげることが出来ます。

なので、誰にも遠慮せずに、

何にも臆することなく、

自分を大切にしてあげましょう。

『自分を大切にすること=人を大切にすること』

そんなことを気付かせてくれた、コップのお話でした。

最後までお読み頂きありがとうございます。

あなたにとって、

小さな嬉しいことが見つかる、

素敵な1日でありますように。

今日もステキな1日をお過ごしください。

2020.7.29

p.s 個人アカウント始めました!
フォローお返ししますのでお気軽にフォローして下さいね♪

write by 店主 花井→@Lupopo_hanai

Please share
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事