2020-08-04

【作家活動のコツ22】遅かれ早かれやるのならばすぐに行動した方がいい理由その1。

かつお節でダシを取ったあと、

箸でギュッと絞っている瞬間に、

「もしかして、料理上手くなってるかも?」

と、胸の高鳴りを感じています^^

LUPOPO 店主 花井です。

作家活動をするあなたは、

「いつか良いカメラを買って、作品の写真を撮りたい!」

「いつか作品の値段をあげたい!」

そんな風に思ったことはありませんか?

今日は

遅かれ早かれやることが決まっているのなら、

今すぐ行動を起こしたほうがいい理由について解説していきます。

今すぐ行動した方がいい理由。

例えば、

「もっと作品の魅力を伝える為に、もっと良い12万円のカメラが欲しい」

と思ったとします。

A・1年間お金を貯めて、カメラを購入した場合。

B・お金を借りてでも、すぐにカメラを購入した場合。

どちらが良いと思いますか?

ひとつずつ解説していきます。

A・1年間お金を貯めて、カメラを購入した場合。

あなたは1年後に12万円のカメラを買うために、月に1万円ずつ貯めるとします。

そして迎えた、1年後、貯めた12万円でカメラを手に入れます。

このとき、あなたには12万円のカメラ1台が手に入ります。

使った金額は12万円です。

B・お金を借りてでも、すぐにカメラを購入した場合。

12万円のカメラがすぐに欲しいと思ったあなたは、

ローンを組んで、

月に1万円の支払いで、すぐにカメラを買いました。

そして迎えた1年後、

Aと同じく、12万円のカメラが手に入り、使った金額は12万円です。

実はこのとき更に、

1年間のカメラの経験と知識がついてくるのです!!

このお話のポイント。

・どちらも使った金額は一緒。

・Bの場合には1年間のカメラの”経験”と”知識”がついてくる。

ーAの場合は

月々1万円を貯めて1年後に

12万円貯まったらカメラを買うので一見リスクが少ない様に感じます。ですが1年後に手に入れたものは


12万円のカメラだけです。

ーBの場合は

月々1万円を返し、1年間で12万円を支払います。

すでにカメラが手元にあるので、

魅力ある作品の写真を撮っていくことが出来ます。

ここに更に大きな違いが生まれるのです。

写真のスキルがアップすることで、

作品の魅力が伝わり、以前よりも作品の売り上げが上がっていきます。

例えば、

12万円のカメラを使いだしてから、

月に1万円の利益が上がるとします。

その場合、1年後には”実質無料”になるのです。

結果、Bさんが1年後に手に入れるものは、

12万円のカメラ + 1年間の撮影スキル + アップした作品の売り上げ 

となります。

すごくお得な感じがしませんか?

もしも遅かれ早かれカメラを買うのならば、

先に買ってしまった方がお得。と理解できると思います。

勇気が必要で、思い切った行動を取った方が、

長い目で見たときに良くなっていることが多いのです。

同じ12万円の使い道でも、

タイミングによって受け取るものが変わること

が少しでも伝われば嬉しいです。

ぼくの話で言えば、

12年前に多くのお金を借りて、

LUPOPOをOPENした今と、

12年間かけてお金を貯めて、

今からLUPOPOをOPENし始める今とでは、

”経験”も”知識”も”人との繋がり”も、大きな違いがあります。

明日は、その2「準備が整う日は来ない」ということについてお話したいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

そこにあなたがいてくれることに、深く感謝しています。

今日もステキな1日をお過ごしください。

2020.8.3

p.s 作家活動コンサルタントはじめました!

「1人で悩むのではなく、あなたの悩みをぼくに聞かせて、一緒に解決しませんか?」

作家活動コンサルタント依頼はコチラ

作家活動のコツまとめ一覧はコチラ

 

write by 店主 花井→@Lupopo_hanai

 

Please share
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事