2020-09-05

【店主のコラム13】勇気を持って新しい一歩を踏み出そうとするときほどそれに抵抗する出来事が起きる本当の理由。

ぼくは2週間に1度、

自分でバリカンで坊主頭にします。

刈ってから2日目〜3日目の手触りが好きです(笑)

LUPOPO 店主 花井です。

勇気を持って新しい事をしようとすると、

なぜかそれを止めようとする出来事に出会うことってありませんか?

一大決心をして、

新しい事にチャレンジしようとしたときに、周りの人に止められる。

「せっかく決心したのに、なんで今なのー???」

そんな時ってありませんか?

ぼくは何度か経験あります。

今日はこの抵抗する出来事の正体を解説したいと思います。

新しい一歩を踏み出すときに、摩擦が起きる正体とは。

「よし!やってみよう!」

と思った次の瞬間、やるべきでないニュースを目にしたり、

「今日からスタートしよう!」

と思った次の瞬間、誰かに止められたりしませんか?

そうすると。。

「やっぱりどうしよう??」

と、せっかく行動を起こそうとしたのに、また悩み始めてしまう時があります。

【勇気が必要な新しい一歩】の時ほど、こんな出来事がやってくるのです。

ぼくも何度かそんな経験をして、

「どうして”今”なんだろう?」と、ずっと考えてきました。

そしてある時ふと、

『勇気ある一歩』と『抵抗する出来事』は【セット】でやってくる。

という事に気付きました。

「じゃあ、これは一体何の為に?」と、

もう一歩深く考えてみたところ、

勇気ある一歩という新しいチャレンジに対する

『ぼくの本気度合いが試されている!!』

という結論に辿りついたのです。

ハードルが上がる出来事が、より強く前進するパワーになる。

どんな事もはじめるときが1番エネルギーが必要になります。

例えば、

車を手で押して動かそうとした場合、

最初のタイヤが周り始めるまでが1番重たいのです。

ですが、少し動き始めれば慣性の法則が働き最初ほど重たくありません。

押せば押すほど楽になっていきます。

他にも、

SNSで情報を多くの人に届けようと思った場合、

最初のフォロワーさんが0人の状態の時は、誰かに情報を届けるにはエネルギーが必要ですが、

フォロワーさんが100人いた時はポチッと呟くだけで、

100人に楽に情報が届くようになります。

どんなこともはじめるときが1番エネルギーが必要なことが理解できると思います。

ハードルが高いほど、乗り越えたときは高く飛べる。

お箸を持つときのように、

頭で何も考えずに無意識でできる事ならば、

自分にとって学びや気付きは少ないものなのです。

ですが、

「きっと自分には乗り越えられる!」

そんな高さのハードルが現れたときほど、

頭を使って考えて、乗り越えて、結果、大きく成長しているものです。

逆に考えれば、

そのハードルがあるおかげで、

進むことへの自分の意思がとても強くなるのです。

まるで未来の自分に、

『ここは意思を貫く時だよ』

『本気になるときだよ』

と言われているような感じです。

ぼくなりのまとめ

・『勇気ある一歩』と『抵抗する出来事』はセットと考えておくと良い。

・実は、その『抵抗する出来事』のおかげで、新しい一歩を進むことへの自分自身の意思が強くなる。

・結果、それが大きく前進する力になる。

新しいチャレンジをするときは、これを頭に入れておくと行動しやすいです。

やりたいことがあるならば、

少しの事で諦めずに、

誰に何を言われようとも、

どんな出来事が起ころうとも、

あなたの意思に従って、

あなたのやりたいことを自由にやっていきましょう!!

それは絶対に素晴らしい経験になるからです。

何よりも本当のあなたはそれを望んでいます。

あなたの情熱に従って好きなように自分で選択していけばいいのです。

自由はいつも”あなたの中に”あります。

最後までお読み頂き本当にありがとうございます。

あなたにとって新しい扉が開く、

自由でワクワクした1日でありますように。

愛と感謝を込めて。

2020.9.5

write by 店主 花井→@Lupopo_hanai

p.s Twitter個人アカウントで発信しています。

フォローお返ししますのでお気軽にフォローして下さいね♪

『作家活動の悩みを聞いて欲しい!!』活動コンサルタント依頼はこちら

店主の日記一覧はこちら

【作家活動のコツ】一覧はこちら

【店主のコラム12】2元論で考えることを手放したら想像以上にカラフルな世界が待っていたぼくのお話。

Please share
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事