2020-09-17

【作家活動のコツ45】この2つの構図だけ覚えればOK!!ぼくがハンドメイド作品の撮影で使う構図を大公開!!

自作ヨーグルトにハチミツをかけて食べることが、

毎日の楽しみです^^

LUPOPO 店主 花井です。

構図の種類は基本的には大体10種類位あるのですが、

作品の撮影に絞るとそこまで使わない構図も出てくるので、

12年間ハンドメイドの作品を撮り続けてきた経験上、

『この2つに絞っていいんじゃない?』と思う、

作品撮影でとても重要な2つの構図について解説します。

ハンドメイド作品の撮影で使える2つの構図とは?

ぼくが好きで良く使っているのは、

・日の丸構図

・3分割構図

ひとつずつ解説します!

最重要と言ってもいい日の丸構図

日本の国旗にも使われている日の丸構図。

誰が見ても、どこからどう見ても、主役が分かりやすくて、

最高にシンプルで、尚且つ洗練された構図です!

『主役は私!!』

『ど真ん中にどーーーーん!!』と来ています。

最も”主役が伝わる”構図です。

ぼくは最近では通販ページを作るときに良く使っています。

パッと見た瞬間に”主役”が明確であることが伝えられます。

『この子の事を伝えたい!』

『この子の可愛さを伝えたい!!』

そんな想いを込めて撮っています。

例えば、上のゾウさんが

右によってしまうと↓↓↓

なんだかゾウさんが窮屈そうに感じます。

主役は真ん中にどーーーーん!!とくることで、

分かりやすく、心地よく見ることが出来ます。

日の丸構図を使う時のポイント

真ん中だけを意識するのではなく、

左右の余白を意識します。

大切なので繰り返します。

左右の余白を意識します。

ここの距離がピシッと決まっていると、

安定感やどっしり感が出てきます。

(ちょっとズレるとこんな感じになります↓↓↓)

これはこれで悪くないとは思うのですが、

下と比べるとぼくは下の方が分かりやすくて好きです。


(ゾウさん出てきてくれてありがとう!)

どんなときに日の丸構図を使えばいいの?

minneやcreemaなどの

通販のときには特に使えます。

なぜなら

お買い物をするとき1番知りたいことは、

『それがどんな作品なのか?』ということだからです。

ということは、

”主役が明確で分かりやすい日の丸構図”

は、最も伝わる構図だと思います。

もちろん通販の時だけでなくとも、

いつでもどこでも使える完全なる構図です!!

基本であると同時に、どこまでも奥深い構図でもあるので、

ぜひどんどん試していってみて下さい。

3分割構図に関しては明日、続編を書いていきたいと思います。

人間の感覚ってかなり似ています。

「美味しい!」と思う塩加減が同じだったり、

「心地よい。」と思う音楽が同じだったり、

気持ち良い感覚はみんなかなり似ているのです。

だから写真を撮るときは

最終的にはあなたの中に答えがあります。

あなたが心地よいと思うポイントが、

他の人にも心地よいと思えるポイントだからです。

感性を敏感にして、心が動く瞬間にシャッターボタンを押してみて下さいね^^

最後までお読み頂きありがとうございます。

いつもあなたのの作家活動を応援しています。

素敵な景色と巡り合う、楽しい1日になりますように。

愛と感謝を込めて。

2020.9.17

write by 店主 花井→@Lupopo_hanai

p.s 作家活動コンサルタントはじめました!

『ぼくをあなたの活動の仲間に加えてみませんか?』活動コンサルタント依頼はこちら

店主の日記一覧はこちら

【作家活動のコツ】一覧はこちら

【作家活動のコツ44】超簡単!!スマホのカメラも一眼レフもこの設定をするだけで写真のレベルがグンと上がるカメラの設定を大公開!!

Please share
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事