2020-08-06

【作家活動のコツ24】遅かれ早かれやるのならばすぐに行動した方がいい理由その3。

生のシークヮーサーをシュワッチで、

(強炭酸水で)割って飲むのが、

我が家の流行りになっています。

夏らしくキリッと爽快な気分になれます٩( ‘ω’ )و

LUPOPO 店主花井です。

昨日は

『5割でGO!!』

見切り発車で行動に移してしまった方が良い!

という記事を書きました。
↓↓↓

【作家活動のコツ23】遅かれ早かれやるのならばすぐに行動した方がいい理由その2。

今日は続編です!!

「ぼっ!!」と情熱が湧いた瞬間に、行動に移すべき3つの理由。

・情熱の火は長くは続かない。

・感動したその瞬間が沸点MAX。

・情熱を逃すと、今度は重くのしかかってくる。

ひとつずつ解説していきます。

・情熱の火は長くは続かない。

「これ、やってみたい!!」

ふとした瞬間に情熱が湧いてきます。

そのときすぐに行動に移せば、クリエイティブなものが出来上がります。

ですが、

その瞬間を逃してしまうと、

情熱の火がふっと消えてしまいます。

なぜならしばらくすると、

ものづくりのことでも、それ以外のことでも、

次のやりたいことが出てきてしまうからです。

『情熱の火は長く続かない。』

これを頭に入れておく事で、

情熱が湧いた瞬間を大切にすることが出来ます。

・感動はその瞬間が沸点MAX。

例えば好きなアーティストのLIVEに行った帰りみち、

「感動した!明日も頑張ろう!」と、

その瞬間に感動の沸点がMAXを迎えます。

ですが、

次の日、その次の日、と時間が経過するにつれて、

その感動も薄れてきてしまいます。

1週間後にLIVE当日と同じ気持ちのままでいることは難しいのです。

感動を受けたその瞬間が、沸点MAXです!

何か良いお話を聞いた時、

何か心の変化があったとき、

感動をしたその瞬間に、すぐに行動に移すのです。

なぜならその瞬間が1番強い想いを持っているからです。

つまりその瞬間に、

大きな変化のチャンスが訪れていることを理解しておきましょう。

・もしも情熱を逃すと、今度重くのしかかってくる。

情熱が湧いた瞬間を逃してしまうと、こんな心の変化が起きてきます。

「これやりたい!」

「あれやりたいなぁ。」

「あれやりたかったなぁ。」

「あれやらなきゃ。。」ヽ(・∀・)。。。

「やりたい」と思ったことをそのままにしておくと、

「やらなきゃ」に変わっていることってありませんか?

ぼくはありました。

やりたい事をそのまま放っておくと、いつの間にか、

重たく感じている自分がいることに気付いたのです。

このことに気付いてからは、

とにかく情熱を逃さないように心がけるようにしました。

その瞬間、その瞬間に、行動しておくことで、

いつも心が軽く、軽快に進んでいくことが出来るようになりました。

瞬間瞬間に生きること

情熱のままに選択をするということは、

その他のことを手放す。ということでもあります。

人間は同時にふたつの事は、出来ないからです。

ですが、

情熱のままに行動していくと、

いつもワクワクしていることが出来ます。

その瞬間が沸点MAXなので、没頭することが出来ます。

無我夢中で没頭してやっている瞬間が、

1番吸収力が高く、経験値として残り、大きな学びになります。

次々とやってくる情熱を掴み続けていったあと、

しばらくして振り返ってみたときに、

ずいぶんと色んな事を経験したことに気付きます。

・情熱をその瞬間に掴み続けた1ヶ月と、

・情熱をその瞬間に掴み損ねた1ヶ月では

大きな違いがあることは簡単に想像がつきます。

その瞬間の情熱をつかむことが

いかに大切かが、理解して頂けると思います。

いかがでしたか?

3回に渡って記事を書いた最後に、

この言葉をあなたに贈ります。

『遅かれ早かれやるのならば、すぐに行動した方がいい。』

最後までお読み頂きありがとうございました。

あなたの世界の中で、

この記事を読んでくれたことに感謝しております。

今日もステキな1日をお過ごしください。

2020.8.6

p.s 作家活動コンサルタントはじめました!

「1人で悩むのではなく、あなたの悩みをぼくに聞かせて、一緒に解決しませんか?」

作家活動コンサルタント依頼はコチラ

作家活動のコツまとめ一覧はコチラ

 

write by 店主 花井→@Lupopo_hanai

【作家活動のコツ22】遅かれ早かれやるのならばすぐに行動した方がいい理由その1。

Please share
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事