2020-08-24

【作家活動のコツ32】『作品が売れない!』そんなときにチェックするべきたった1つのポイント。

パソコンのシステムトラブルが解決出来た時、

「なんだ!こんな簡単なことだったのか!」と、

答えが見つかってしまえば凄く簡単な事だった、と気付く事があります。

LUPOPO 店主 花井です。

「すごくかわいい作品なのに、どうして売れないんだろう?」

「こんなにこだわって作っているのに、なんで売れないんだろう?」

そんな経験ってありませんか?

そして、

「売れないのは作品がかわいくないからかな?」

「もっといい作品を作らなきゃ!」

と、より良い作品を作ることに、全エネルギーを注いでしまっていませんか?

もちろんより良い作品を作ることは素晴らしいことなのですが、

作品を作りはじめる前に、1度立ち止まってみて下さい。

そしてたった1つのポイントだけ、チェックしてみて欲しいのです。

『作品が売れない!』そんなときにチェックするべきたった1つのポイント。

結論から言います。

作品の紹介ツイートの数を数えてみよう!

たったこれだけ、簡単です!

ここで質問です。

あなたが売りたいと思っている作品のことを、

ツイッターもしくはインスタグラムで何回呟きましたか?

ちょっと、数えてみて下さい。

もしも、0回の場合。

相手の人はどうやって、

あなたの作品を見つけることが出来るでしょう?

相手の人が、”その作品の存在を知る”にはどうすればいいでしょう?

存在を知らないものを買うことは”不可能”です。

例えば、

実はぼくが何年前からアクセサリーを作って売っていたとします。

でも、ぼくが作ったアクセサリーをあなたは今日までに買うことは不可能でしたよね。

それはぼくが作ったアクセサリーの存在を、あなたが知るすべはなかったからです。

つまり、認知をしていない作品を買うことは出来ないのです。

1回だけ呟いた場合。

そのツイートを見た人の中から、

ピン!と来た人がいた場合に、お買い上げしてくれる事になります。

例えば、

そのツイートを10人の人が見てくれたとしたら、

その10人のうちにピン!来た人がいた場合になります。

マックスが10人です。

でも、なかなかに稀なケースですよね。

たった1回のツイートだけで、

お買い上げしてくれるというのは、よほど衝撃的な出会いだった場合のみです。

では逆に、あなたは、

1回のツイートだけを見て、作品を買ったことは何回ありますか?

『作品が売れない!』と思ったときは、作品紹介ツイートの数を増やそう。

納品をして満足していませんか?

minneのページを充実させて満足していませんか?

あなたのファンは、あなたのフォロワーさんの中にいます。

ファンの方に、あなたの写真とあなたの言葉で、作品のことを伝えて上げて下さい。

何回も何回も、

何度も何度もです。

1回で届かないなら、10回伝えればいいのです。

10回で届かないなら、100回伝えたっていいのです。

テレビCMは何度も何度も同じことを見せてきませんか?

それは、高額なお金を支払ってでも、

何度も見てもらう事の重要性を理解しているのです。

今は無料で、すぐにでも呟くだけで何度も見てもらう事が出来ます。

「作品が売れない!」と思ったときには

ぜひ、作品紹介ツイートを増やしてみて下さい。

LUPOPOに立っているぼくの感覚では、

「発信した作品から売れていく。」

そんな感覚さえあります。

ぜひ試してみて下さい。

いきなり効果が出るものではありませんが

コツコツ発信し続ければ、必ず効果が出て来ます。

大切なので繰り返します。

コツコツ発信し続ければ、必ず効果が出て来ます。

次回は何を発信、どのように発信すればいいか?

発信し続けることの素晴らしい効果など、

を解説していきたいと思いますので、お楽しみに。

いつもあなたの作家活動を応援しています。

最後までお読み頂きありがとうございます。

今日もあなたにとって、

小さな気付きが訪れる楽しい1日になりますように。

2020.8.24

p.s 個人アカウント始めました!

フォローお返ししますのでお気軽にフォローして下さいね♪

店主の日記一覧はこちら

【作家活動のコツ】一覧はこちら

write by 店主 花井→@Lupopo_hanai

【作家活動のコツ3発信編】良い作品を作るだけで売れる。と思っていませんか?

Please share
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事