2020-09-11

【作家活動のコツ42】ぼくが作品撮影時に三脚、シャッターボタン、背景を使い続けるその理由。

ぼくのお家で定期的に流れる映画。

『MATRIX』

ついついブログを書く手を動かせなかったほどに、

今日も最高に面白かったです。

あなたの好きな映画は何ですか?

LUPOPO 店主花井です。

今日は昨日の続き、予告通り・三脚・シャッターボタン・背景についてのお話です。

(たまに情熱の方向が変わってしまい、予告通り書けないときもありますがお許しください。)

昨日の記事、マクロレンズとカメラについてはコチラからどうぞ↓↓↓。

【作家活動のコツ41】ぼくが作品撮影に愛用している機材を包み隠さずご紹介します。

ぼくは作品を撮る時には・三脚・シャッターボタン・背景ずっと使い続けてきました。

ぼくにとってこの3つは、カメラとマクロレンズと同じく必須のアイテムです。

これらを使うだけで、より良い写真を撮れるようになる。その理由を解説していきます。

ぼくが作品撮影時に三脚、シャッターボタン、背景を使い続けるその理由。

結論から言うと、

三脚とシャッターボタンは、手ブレをしない為に使い、

背景は作品の魅力を引き立てる為に使います。

まずは三脚について。

昨日お話ししたように、

ぼくはマクロレンズと三脚は切っても切れない関係なので、

ぼくは作品撮りをするときは、常に三脚を使います。

その最大の理由は

キレイな写真を撮れるからです。

写真の色味や明るさは、後からでも調整をすることが出来ます。

ですが、

手ブレだけは修正をする事が出来ないのです。

三脚を使うだけで、手ブレをする事はほとんどなくなり、

作品本来の綺麗な姿を写真に収める事が出来ます。

更に、シャッタースピードを長く出来るので、

ある程度暗いお部屋でも、明るい写真を撮ることも可能です。

ひとつだけデメリットと言えば、

手持ちの時よりは、機動力に関しては落ちてしまいます。

普段手持ちで撮影されている方には、三脚を使用する事が煩わしいかもしれません。

ですが、

どれだけ綺麗に撮れたとしても、

細かいところでは(人の目で感知出来るか出来ないかのところでは)

確実に三脚を使った方が綺麗な写真を撮る事が出来ます。

つまり、

三脚を使うだけで綺麗な写真を撮る事が出来るのです。

シャッターボタンについて

カメラというのは実はシャッターを押すだけで、

10秒間位振動が続いているそうです。

シャッターボタンを使うことで、

この振動を無くし、より綺麗に撮影をする事が出来ます。

ボタンを押す操作も簡単になるります。

更に、

「なんかカメラマンっぽくなってきた♪」

そんな気持ち的なメリットもあります(笑)

もしも、

シャッターボタンが無い方は、

2秒間のタイマーをかけて撮る事で、ブレを防止する事が出来るので、

ぜひ試してみてください。

背景について

ぼくは30cmx30cmの薄い板ホームセンターで買ってきて、

好きな色に塗ったり、記事を貼り付けたりして、背景に使っています。

作品に合わせて雰囲気を出してあげる為です。

ぼくの中での背景の基本は、

白です。

『基本は白』

と覚えておくと良いと思います。

どうして基本が白かというと、

作品の色を表現する事が出来るからです。

絵を描くときに、白い紙に描くのと同じです。

白の中でも青味の白から、黄味がかっている白、

紙の質感や、ペンキの質感によって、更に雰囲気を変える事が出来ます。

背景の色や質感によって、

作品の雰囲気を大きく変えていく事が出来ますので、

ぜひあなたのお気に入りの背景を楽しく探してみてくださいね。

ぼくもこれからも、お気に入りの背景を楽しみながら探し続けていきたいと思います。

背景はアイディア次第で、作品の魅力を無限に広げてくれます。

最後までお読み頂き本当にありがとうございます。

作品撮影については、完全なぼくの主観です。

正解はありませんので、あなたのスタンスで撮影をして頂けたら嬉しいです。

いつでもあなたの作家活動を応援しています。

今日という日があなたにとって

新たな発見のある1日でありますように。

愛と感謝を込めて。

2020.9.11

write by 店主 花井→@Lupopo_hanai

p.s Twitter個人アカウントで発信しています。

フォローお返ししますのでお気軽にフォローして下さいね♪

『作家活動の悩みを聞いて欲しい!!』活動コンサルタント依頼はこちら

店主の日記一覧はこちら

【作家活動のコツ】一覧はこちら

【作家活動のコツ40】5000記事分の作品撮影をしてきたぼくが教える上達のコツ2選。

 

Please share
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事