2020-09-12

【店主のコラム14】ぼくが考えに考えた本当の”ヒーロー”の姿とは?

今日は2回目のコンサルタントでした。

貴重なお時間とお話を聞かせて頂きありがとうございました。

(10月分の受付と第二弾のスタートキャンペーンを開始しましたので気になる方はこちらからどうぞ)

【募集】 『あなたの作家活動の悩み、LUPOPO店主のぼくにマンツーマンで相談しませんか?』

LUPOPO 店主 花井です。

子供の頃は漫画やアニメや映画のヒーローに憧れていました。

(今でも悟空は好きです。)

多くの人から愛されて、人気があって、

悪者を倒して、ピンチを救う強い”ヒーロー”をカッコいいと思っていました。

だけど今はその姿に、どこか何か、少し違和感を覚える感じがします。

戦って勝つことはカッコいいのだけど、

相手と同じ土俵に立ってしまう事になる。

人に勝つことは、負けた人を生み出してしまう。

これではいつまだ経っても、まるでシーソーのように、

右か、左か、右か、左かの二元論になってしまうんですね。

(→以前に書いた二元論についての話)

そこでちょっと考えてみたのです。

「どんな人がヒーローなのか?」を。。

。。うーん。。

。むむむ。。

。。。えーと。。

。。。( ✧Д✧) キラーン!!!

ぼくなりの答えは、

『争いを避ける事が出来た人』がヒーローだ!

って思いました。

何かが起こってしまいそうな時、

争うことを選ぶのではなく、サッとその場を離れられる人。

たとえその場でカッコ悪いと思われても、

変なプライドを捨ててその場を立ち去る事が出来る人。

そこで戦って勝つことを選ぶことよりも、

戦わない選択をして、誰も傷つけず、周りや自分の身を守る事が出来る人。

それが1番のヒーローだな。って思いました。

でもそのヒーローの場合は、

結果何も起こらなかったので、

拍手喝采を受けることもありません。

人からの注目を受けることもありません。

なぜなら勝つこともないし、負けることもないからです。

争いを避けること=何も起こらないことを選ぶことなので

他の人の目には、目立ったことは何も映らないのです。

記憶にも残らないので、特に人気が出ることもありません。

つまり、”静か”であり、穏やかな1日です。

でも、それこそが平和の瞬間です。

なのでぼくの考えたヒーローは、

”争いを避ける事が出来た事”です。

ぼくはサッカーもスポーツも好きだし、

勝負の世界ははっきりしていて分かりやすくて面白いです。

そういう映画も見れば感動してしまうけれども、

争いを避け続けた人の話。が映画になったらぜひ見てみたいなって思います。

色んなところに、色んな良さがありますが、

誰からも注目されなくて、目立たないところにこそ、

本当に価値あるモノゴトが隠れているのかもしれないなぁ。と感じた季節の変わりめでした。

人と比べなくていい。注目を浴びなくてもいい。

たとえ目立たなくても、静かなところにあっても、

”素晴らしいもの”は”素晴らしいの”です。

どこにあろうと本当の価値は変わらないのです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

あなたがそこにいてくれる事で、

あなたのいる世界にぼくがいる事が出来ています。

今日という日があなたにとって

穏やかな1日でありますように。

愛と感謝を込めて。

2020.9.12

write by 店主 花井→@Lupopo_hanai

p.s Twitterでも発信しています。

フォローお返ししますのでお気軽にフォローして下さいね♪

『作家活動の悩みを聞いて欲しい!!』活動コンサルタント依頼はこちら

店主の日記一覧はこちら

【作家活動のコツ】一覧はこちら

【店主のコラム13】勇気を持って新しい一歩を踏み出そうとするときほどそれに抵抗する出来事が起きる本当の理由。

Please share
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事