2020-09-13

【祝☆4ヶ月】ブログを始めて4ヶ月。書き続けて変わった3つのこと。

真夜中と朝の間に、

(どちらかというと朝よりの時間に)

今日もこのブログを書いています。

LUPOPO 店主 花井です。

5月13日からこの『店主の日記』を書きはじめたので、

今日で123日目になりました。

読んでくれるあなたのおかげで毎日このブログを更新する事が出来ています。

本当にいつもありがとうございます。

あなたがそこにいてくれることに、いつも感謝しています。

ブログを書き続けて変わった3つのこと。

4ヶ月経った今の気持ちをここに書き記しておきたいと思います。

・読んでくれる方の姿を想像しながら書けるようになった。

・アウトプットをする事で、より深く考え方が定着した。

・素直な気持ちを書けるようになった。

・終わりに

ひとつずつ解説していきます。

読んでくれる方の姿を想像しながら書けるようになった。

このブログを書き始めた時はまだ、

「誰かが読んでくれるかどうか?」も分からなかったので、

読んでくれる方の姿を想像する事が出来ていませんでした。

イメージでいうと、

何にもない空に向かって、

ヒュー!っと言葉を投げかけているような感じでした。

でもこの4ヶ月の間に、ありがたいことに、

「いつもブログを読んでます!」言って頂けたり、

Twitterで反応を頂いたおかげで、

いつの間にか、記事を書く時に、

読んでくれる方のことを想像しながら書く事が出来るようになりました。

そして、

何も無かった空に、言葉を届けるべき相手の姿が浮かぶようになりました。

アウトプットをする事で、より深く考え方が定着した。

文章で伝えようとする時は、

なるべく分かりやすく、

「簡単!」と思ってもらえるように心掛けています。

それは今まで頭の中だけにあったものを、

1度頭から取り出して、

粘土のようにこねこねして形を作り、文章という形にしているような感じです。

その過程で、

「ぼくは一体何を伝えたかったんだろう?」

「何が1番大切なことなんだろう?」

そんなことを考えながら、

文章を整理したり、考え方をまとめたりするようになりました。

書くことではじめて気付くこともあって、

アウトプットすることで、凄く勉強になっています。

少し変な言い方ですが、

『伝える、と同時に、教わってもいる。』

ブログを書くことで、今までぼんやりとしていた考えが、

はっきりとした形でぼくの中に定着している感じがします。

素直な気持ちを書けるようになった。

ブログを書く前よりも、

気持ちを素直に出せるようになりました。

「こんな事書いていいのかな?」

「変な人だと思われたら恥ずかしい。」

書き始めた頃はそんな風に思うこともありました。

でも今は、

スッと気持ちを出せるようになりました。

素直に書くことに、安心感が生まれたのかもしれません。

(コジコジがコジコジなように)

いつまで経ってもぼくはぼくで、それ以上でもそれ以下でもなく、飾りようもない。

そんなぼくが書いた文章でも、見てくれているあなたがそこにいる。

そのことに支えられ、安心して気持ちを出せるようになりました。

おわりに

これからも読んでくれているあなたに、楽しんでもらえるように、

楽しみながらこのブログを書いていきたいと思います。

電車での移動時間や、

お友達との待ち合わせ、

トイレのお供に、

ちょっと空いた時間の楽しみにして頂けたらとても嬉しいです^^

記事を書くぼくがいて、読んでくれるあなたがそこにいる。

この穏やかな世界が、

いつまでも続きますように。

愛と感謝を込めて。

2020.9.13

write by 店主 花井→@Lupopo_hanai

p.s フォローお返ししますので、Twitterでもお気軽にフォローして下さいね♪

・作家活動コンサルタント依頼はこちら

・店主の日記一覧はこちら

・【作家活動のコツ】一覧はこちら

【店主のコラム6】ぼくが感じるあなたの素晴らしき”可能性”のお話。

Please share
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事